· 

ダイエット その②筋肉をつける

こんにちは、エステセラピストSHIHOです。
当面の間、KEIKO先生が多忙なため、私たちスタッフでデイリーブログを更新していきます。

今回は前回の続きで、ダイエットに必要で簡単に取り入れられる運動についてお話しします。今回は②筋肉をつけることについてお話します。

前回もお話しましたが、摂取カロリーに気をつける、ジムなどに通い運動をして燃焼する、などやるべきことはわかっているのになかなか出来ない、、という経験はありませんか?

そんなあなたのために、簡単に取り入れられる運動をご紹介します。
気張らずやることが継続する秘訣ですよね。

ダイエットに必要な燃焼については、前回お話した正しい姿勢でのウォーキングを取り入れてみてください。
そしてもう一つ必要な、②筋肉をつける運動ですが、自宅でのスクワットをオススメします。

たかがスクワットですが、されどスクワットです。正しいスクワットは全身運動になります。
スクワットを15回もやれば、腹筋500回に相当します。1日おきや2〜3日に1回でもOK!継続することが大切です。

やり方は、まず足を肩幅に開き、手は胸の前で交差させるか、頭の後ろに。(頭の後ろに置くとより効果的です)
足は90度に真下に、太ももは床と平行に。8秒かけてゆっくり降りて(息をはく)、8秒かけて上に(息を吸う)。

この時、以下のことにご注意ください。
○膝が内側をむかないように!
○かかとは浮かせない!
○背中はまっすぐにし、もしツライ人は足を肩幅より開く!

ちなみに、、、
筋肉痛の時にムリに運動をやるのには意味がありません。筋肉痛は、筋肉の繊維がブチブチ切れることで起こります。その筋肉が修復されると筋肉痛が治り、そのことでより太い筋肉ができるのです。筋肉を痛めたあとは修復するまで休ませましょう。良質なたんぱく質を摂ると修復が進みます。
筋肉痛が次の日にくるのは若い証拠ですね!

筋肉を刺激したあとはしっかり休ませて、質の良い筋肉をつけましょうね。
筋肉を酷使した後のケアにケイズのエンダモロジーはオススメですよ。