· 

日焼けした人としない人 の違い

こんにちは、エステセラピストNOZOMIです。 当面の間、KEIKO先生が多忙なため、私たちスタッフでデイリーブログを更新していきます。

紫外線対策してますか❓
光老化、皮膚が老化する原因の80パーセントは紫外線によるものだそうです。

憩子's (ケイズ)発祥の地オーストラリアは1年を通して非常に強い紫外線が降り注いでおります‼️

紫外線には、A波(UV-A)・B波(UV-B)・C波(UV-C)と3種類あり、UVとは“ultraviolet”(ウルトラヴァイオレット)の頭文字をとった言葉。

●UV-Aは、UV-Bほどの爆発力はありませんがじわじわと肌の奥深くまで浸透し、真皮にあるコラーゲン(やエラスチン線維)を破壊し、しわ・たるみなど老化の原因となります。
●UV-Bは表皮を赤くさせ炎症(やけど)を引き起こします。肌が赤くなって水ぶくれをおこす、いわゆる「日焼け」がこのUV-B。
皮膚がんや白内障に影響しているのも紫外線B波です。
●UVCはオゾン層により地表には今の所到達していない紫外線ですが、近年のオゾン層の破壊で標高の高い山などでは届いているとの報告もございます。

オーストラリアの紫外線が強いのは、紫外線を吸収するオゾン層が、オーストラリア付近で薄いためで、皮膚がんの発症率が世界一、70歳までには3人に2人が発症すると言われているそうです☀️

紫外線からお肌を守るためには、肌のバリア層を正常に整えて、肌表面と体の内側からと両面から酸化を防ぐ事をおすすめ致します。

UVAから肌を守るにはPAの強い日焼け止め・UVBから肌を守るにはSPFの強い日焼け止めがおすすめです。

また近年注目されております飲む日焼け止め!
先日お会いしたM様(50代)とI様(50代)は、紫外線が燦々と降り注ぐ日中の海で8時間過ごされました。
M様(50代)は何年も日焼け止めサプリを飲んでおり、I様(50代)は日焼け止めサプリを飲んでおりませんでした。
I様は何が起きたのかと思うくらいお顔がくすんでいてビックリさせられたのに、M様は全く日焼けしておりませんでした。
お二人は、定期的なRG還元フェイシャルとjewel.A.A化粧品をトータルでご使用頂いておりますが、お二人の唯一の違いは飲む日焼け止めを飲んでいたかいないか!
M様(50代)は、何年も日焼け止めサプリを飲んでいたら、日焼けをほとんどしなくなったそうです。

継続の力を思い知る瞬間でした💪

また、飲む日焼け止めにはこんな効果もございます。
シミ・くすみの改善。2週間に一度のRG還元フェイシャルを続けているT様(50代)やM様(40代)は、飲む日焼け止めサプリを飲んでいる事で、改善スピードが断然速いです。
健康の向上。T様(40代)は抗酸化成分のお陰で風邪を引かなくなったそうです。

是非施術効果を上げたい、早く改善したいと思う方は、是非併用をおすすめ致します。
また、飲む日焼け止めなら何でも良いとは思いません。
是非安心で安全な結果の出る飲む日焼け止めをおすすめ致します。

定期的なケアを継続すること、少しでも良いから続ける事は、
結果を出す近道だという事を憩子's (ケイズ)は20年以上の経験から自信を持ってお伝えさせて頂きます🤗