· 

第一線で働くエステティシャン セラピスト達が忘れている自分自身のケア

憩子SALONスタッフセラピストの杉山です。

スタッフセラピスト」とは疲れたセラピスの心や体をケアするプロのセラピストへ施術を行う技術者です。

あまり取り組んでいるサロンはなくとても珍しいことなのです。

 

 

スタッフセラピストになるきっかけ

もともとエステの仕事に携わっていましたが学んでいくうちに実用的な外部のトリートメント技術だけではなく、内面の心や体にも大きく作用すると言うことを改めて知り、エステの奥深さに興味をもち更に深くエステを学びたいと思い自分の技術や知識を見直し、エステをさらに一から勉強するため、今までの環境を思いきって変えることに。

心と体と肌のトータルケアにこだわりを持った憩子サロンのスタッフセラピストになりました。

 

スタッフセラピストとしての大切なこと・受けるスタッフの変化

セラピストは自分のケアとなるとなかなか後まわしになりがちです。

お客様へのアドバイスは専門的にできますが、自分の状態には意外と気付かないこともあり、疲れやストレスが溜まっていても働いていると気付かず見過ごすこともあります。

溜め込みすぎた体はいずれ悲鳴をあげることも。私もその1人だったのかもしれません。

だからこそ、日頃のケアが健康な体をつくり心が満足することにより、それが美肌へと繋がるこのエステの仕事にこだわったのだと思います。お客様の美のサポートをするうえで、エステティシャンだからこそ自分の健康管理や肌の状態を把握し未然にトラブルを防ぐため、毎日のケアは欠かさず努力をおしまないのです。

トリートメント後は心や体もリセットすることにより清々しい気持ちで1日をスタート。

新鮮な気持ちでまた仕事に集中することができるようスタッフがセラピーをうけるのもまた大切な仕事の一貫なのです。

 

セラピスト自身もケアは大切である

自分の体の声に耳を傾けてみてください。

仕事に集中するあまりついつい自分の体を労ることを忘れ、後々体の不調がでた時にはもう遅いということも。

しかし、生活するうえでストレスは大小かかわらず何かしらあるものではないでしょうか?

ストレスにも例えば困難に立ち向かい物事を前向きに捉えたり新たなことにチャレンジするなど成長する過程においては必要なストレスもあるのだと思います。

ストレスをパワーに変える健康な状態を保つため、エステが身近で生活の一部であり若々しく幸せな人生を送るため、日頃のケアはかかさず継続していく事がとても大切なことなのです。したがって、私達プロのエステティシャンは自分自身の体を労り理想的には週一回せめて月一回はトリートメントをうける心の余裕を持ち万全な体勢で仕事にのぞみましょう。

 

3月・春の特別キャンペーン

期間:3/1〜31日まで

この春だけの超お得エステキャンペーン。オシャレ感覚で楽しめるエステ「耳つぼジュエリー」や大満足の選べるエステオプションをご用意!お時間のない方にもおすすめです!