· 

若返りの水「ハンガリアンウォーター」 昔ながらの作り方に限りなく近いレシピで作ってみよう

こんにちは。憩子’s SALON (ケイズサロン)のアロマテラピスト、佐藤敦子です。

今回は、若返りの水と呼ばれる「ハンガリアンウォーター」の作り方、使い方をご紹介します。

 

ハンガリアンウォーターとは

14世紀末、ハンガリー王妃エリザベート1世の手足の痛みの治療薬として、修道院の僧侶が献上した、ローズマリーを主体とした痛み止めの薬のことです。 これを毎日使っていた王妃は、状態がみるみるよくなりました。 また、70歳を超えた王妃に、隣国ポーランドの若い王子が求婚したというエピソードから『若返りの水』として今にも伝えられています。

 

昔ながらの作り方に限りなく近いレシピで作る

昔ながらの作り方に限りなく近いレシピで作るハンガリアンウォーター。

私はこの香りが大好きで、精油の香りとはまた違った、ハーブの優しい自然な香りは心をほんわか温めてくれます。

 

作っている間も、お部屋がハーブの香りに包まれて幸せになります。と言っても、ドライハーブをアルコールに浸すだけの簡単作業なんですけどね。これを1ヶ月間熟成させ、ハーブの成分が全部でたら濾して、その濾したものが若返りの水、ハンガリアンウォーターです。

 

用意する材料

アルコール 100ml
精製水 200ml(ミネラルウォーター)
密封容器

容量300cc位のもの1個

ドライハーブ

ローズマリー

ペパーミント(10グラム)

ローズペタル(5グラム)

レモンピール(5グラム)

ハーブの効果

ローズマリー 抗リウマチ作用、引き締め、たるみ、むくみ
ペパーミント

ニキビ、かゆみ、抗菌、くすみを取る

ローズペタル

シミ、シワ、たるみ、老化肌、敏感肌、引き締め

レモンピール

抗炎症作用、くすみ、シミ、引き締め、皮膚を柔らかくする


作り方

  1. 消毒済みの容器に精製水(200ml)を入れます。
  2. 容器にドライハーブを入れ、ふたを閉めて水とドライハーブをなじませます。
  3. 容器にアルコールを入れて、すべててがよく混ざるように、よく振り混ぜます。
  4. 容器に空間が残っている場合は、空間がなくなるまで、アルコールを付け足します。
  5. ラベルを貼って、冷暗所で1ヶ月保管します。
  6. 毎日振り混ぜます。
  7. 1ヶ月が過ぎたら、コーヒーフィルターや茶こしなどで漉します。
  8. 煮沸消毒をした別容器に移して、できあがり!

 

ハンガリーウォーターは冷暗所で2年くらい保存が可能です。

ボディーコロンなどに使う場合は精製水で5〜10倍に薄めて使いましょう。

atskoのワンポイント

おすすめの使い方

私は、このハンガリアンウォーターをお風呂に入れて、ボディーの若返りを目指しております。

身体も温まるので、今の季節は最高です!

ハンガリアンウォーターを薄めたものをスプレーボトルに入れて、ヘアトニックとしても使います。

白髪予防抜け毛予防にいいですよ。

 

アレンジして楽しむ

ハーブを漬け込むときに、ラベンダーのドライハーブを入れたりもします。なぜなら、この世で一番好きな香がラベンダーのドライハーブで、一番癒されるんです。レシピを変えてオリジナルコロンなども作っても楽しいですね。


ハンガリー王妃エリザベート1世、70歳で求婚されるってすごいですよね〜!。

いつの時代も女性は若く美しくありたい。女性なら誰もがあこがれるお話のはずです。

これはあくまでも、何百年も昔のお話しで、そこで生きていたエリザベート1世だからこそ、その効果が得られたのだと私は思います。

確かに、現代は美容整形やレーザー治療などもありますので、70歳で求婚されることも夢ではないかもしれませんがね・・・・

 

願わくば、自分のもって生まれた肌のまま、限りなく自然に若返りたい。

 

その願いを叶えられるのが、オーナー阿部が開発中のコスメなのかもしれません。

昔の理念と現代の美容科学を融合させた21世紀の「究極の水」になるかもしれません。

この歴史的瞬間に遭遇されたい方は、ぜひオーナー阿部のデイリーブログをご覧になってみてくださいね。