· 

新しい自分をスタートさせよう!満月のパワー入りバスソルトの作り方・使い方

こんにちは。憩子’s SALON (ケイズサロン)のアロマテラピスト、佐藤敦子です。

今回は、満月の光から出るパワーをとり入れたバスソルトの作り方、使い方をご紹介します。

バスソルトとは

バスソルトとは、ハーブや花などの精油で香りが付けられた、お風呂に入れる塩のことです。

デトックス効果、リラックス効果などの美容効果が高いことから、近年注目されるようになりました。スキンケア用品を扱うお店などでも見かけるようになりましたが、じつは自分で作れちゃうんです。


満月のバスソルト

満月の日にバスソルトを作りました。

ソルトには浄化作用があり、「満月のソルト」はさらに満月の光から出るパワーを入れて浄化した逸品です。

 

スピリチュアリズムの世界では、新月は「始まり」を意味し、モノを増やす時期。

満月は「達成」「完了」を意味し物を減らす時期などと言われています。

新月の日は、自分の変わりたい部分を書き出した紙を持ち歩き、満月の日には自分にとっていらないモノを紙に書き出して、ビリビリと破り捨てましょう。

そして、満月のパワーが入ったバスソルトをお風呂にいれて、ゆっくりと頭の中で瞑想してみましょう。

自分にとって必要なモノ、必要ではないモノ。それらが明確に見えてくるはずです。

 

さあ!「満月のバスソルト」で今日の自分をリセット、新しい自分のスタートさせましょう。

キラキラ輝く素敵なあなたが創造できます。

 

満月のバスソルトの作り方

用意する材料

  • 粗塩(精製されていないもの)
  • 精油(5〜10滴分)
  • ドライハーブ(ローズ、ラベンダー、カモミール、セージなど)
  • 容器(ジャムの空き瓶など)

バスソルトの作り方・手順

  1. 瓶の大きさに合わせて、粗塩を100グラム〜300グラム入れます。
  2. 量にあわせて精油5〜10滴を入れます。
  3. 一度蓋をして、1〜2分間よ〜く振ります。
  4. 蓋をあけて、そこにドライハーブをお好みで入れます。
  5. 再度蓋を閉め軽く混ぜたらバスソルトは完成です。
  6. 満月のバスソルトにするには、満月の日に瓶をベランダなどに置きます。

バスソルトの使い方

  1. 大さじ1杯分のバスソルトを洗面器に入れ、お湯で溶かします、
  2. 溶かしたバスソルトをバスタブに入れ、お湯をゆっくりまぜます。
  3. 湯船に浸かり、ゆっくり深呼吸と瞑想をしながら、心と身体を浄化しましょう。

身体の芯からポカポカ温まりますよ。


おすすめ!用途別の精油ブレンド

用途

精油(合計で5〜10滴)

浄化用

ラベンダー、ユーカリ、セージ
敏感肌用 カモミールローマン・ラベンダー
不眠解消用 ラベンダー、ラヴィンツァラ、マンダリン
ストレス解消用 イランイラン、ベルガモット

atsukoのワンポイント

今回はバスソルトに関する失敗例と対策をご紹介いたします。

 

失敗例

小さなお子さんと一緒にお風呂に入っているかたで、オレンジ精油を直接お風呂に入れ、混ぜないまま子供を湯船に入れたら「ギャー!」と悲鳴をあげて飛び出したそうです。

 

原因と対策

精油は水よりも軽く、水には溶けない性質なので、直接お風呂に入れてしまうと表面に浮きます。

さらに精油の原液は皮膚刺激もありますので、子供は皮膚が薄いので、精油の刺激にビックリしてしまいます。この場合は、まずは落ち着いて、キッチンにある油の中で一番濃厚なもの(サラダ油よりはオリーブオイル)で、お子さんのヒリヒリするところを優しくふき取ってください。その後石鹸で洗いシャワーなどで流してあげてください。5分程度でおさまります。

 

精油をお風呂に入れる場合は、水と油を乳化させる役割の塩や、ナマクリーム、バスオイルなどで必ず希釈してから入れるようにしましょうね。


「若返りの水」と呼ばれる、ハーブの有効成分たっぷりの「ハンガリアンウォーター」の作り方をご紹介します。お楽しみに!