· 

一度使ったらやめられない!本格的石鹸「マルセイユ石鹸」

こんにちは。憩子’s SALON (ケイズサロン)のアロマテラピスト、佐藤敦子です。

アロマの活用方法をご紹介する本シリーズの第3回目です。

今回は「マルセイユ石鹸」という本格的な石鹸についてご紹介します。

 

皆さんは「マルセイユ石鹸」をご存知ですか?

「たかが石鹸にそんなにお金をかけたりこだわったりしないわ〜。」と言う方も少なくないと思います。

しかし、この石鹸は、されど石鹸なのです。

 

マルセイユ石鹸とは

マルセイユ石鹸は、フランス国王ルイ14世がこよなく愛したことで知られる石鹸です。

1688年、ルイ14世は「ヨーロッパでの石鹸製造の独占権をマルセイユに与える」という王令をだしたほど。 

お肌に本当にやさしい石鹸で、洗い上がりの肌がキュルキュルします。

赤ちゃんからお年寄りまで、全身にお使いいただけます。この石鹸を使えばお肌の乾燥知らずですよ!


マルセイユ石鹸には「72%」という刻印されたものがあり、この刻印がマルセイユ石鹸の証です。

石鹸の成分として、もともとはオリーブオイル72%、水28%が絶妙な配合とされていましたが、現在はオリーブオイル72%、その他のオイル28%となっております。

 

その他のオイル

  • 泡立ちを良くするココナッツオイル
  • 解け崩れを抑えるパームオイル

マルセイユ石鹸は、お菓子作り感覚で作れる

マルセイユ石鹸は自分で作ることができます。1ヶ月間熟成させて、大事に大事に育てるのですが毎回個性のある石鹸が誕生するので、石鹸という名の子供のように感じます。「クリーンスプレー」と同じく私の定番です。

マルセイユ石鹸を作るには、苛性ソーダという劇薬も使います。これは薬局に印鑑を持参して、購入の際署名と使用理由が必要になります。

今月作ったマルセイユ石鹸

私の定番、カモミールとローズのドライハーブを飾りにちりばめました。

ピンクの石鹸です。


マルセイユ石鹸ができるまでの様子

1

全部の材料が入った所です。

計量と温度が大事です!

さあ、これから混ぜ方スタート!

 

2

フフフ^v^

必殺!ブレンダー使っちゃいました。早い早い。マヨネーズくらいの固さになったら型入れです。

 

3

こんな感じに型入れします。

丸型は、精製水の容器の上下を切ったものを使いました。後は10日間熟成させます。

 


4

10日間、熟成させたので、カットします。

 

5

カットしたマルセイユ石鹸がこちら。

石鹸なのに美味しそう。

 

6

今回も、クオティーの高い子供たちができそうです。

あとは20日間じっくり乾燥させます。

 


7

20日間乾燥させて完成です。トータルで約1ヶ月。

今回も素敵な子たちができました。

香は、爽やかなティートゥリーレモンと甘〜い香のベンゾインです。もう少し熟成させてから使うとします。



atsukoのワンポイント

マルセイユ石鹸は、材料を40分間、ひたすら混ぜて牛乳パックなどの型に入れます。

一見お菓子作りのようですが、作り始めの石鹸は強アルカリ性なので、必ずゴム手袋をしておこないます。

オイルを変えたり、色や香りを加えたり、精油は200滴入れます。なんて贅沢。

また、ハーブを飾ったりしてもいいですね。私は年に2回はまとめて作ってます。

 

一人で黙々と作るより、誰かと一緒にわいわい作ると楽しいですね。

本当にやさしい石鹸で、洗い上がりの肌がキュルキュルします。赤ちゃんからお年寄りまで全身にお使いいただけます。肌の乾燥知らずでずっと愛用しております。

 

ここでワンポイント!

この石鹸は、昔し昔しからの製法で肌に悪いわけがなく、もしかしたら17世紀では美肌作りとしても使われていたのかもしれません。しかし、今の現代社会では、17世紀には無かった大気汚染だったりストレスだったり…活性酸素が多くなっております。

なので、美肌を作るには現代に合った美容法や、洗顔法が必要になってくるのだと、私は思います。

マルセイユ石鹸で身体を潤し、アロマで心を癒し、活性酸素を取り除くコスメでお顔の老化を防ぐ。

これぞまさしく、現代に合った究極の美容法ですね!

活性酸素を取り除くコスメについては、どうぞオーナーブログを覗いてみてくださいね。