· 

RG法の詳細と、こすらずに、しっとり、ツルツル滑らかなお肌にするお手入れ法

これまで皆様からいただいた質問について回答する形式で、前々回のブログでご紹介したRGフェイシャル法について詳しくご紹介します。

 

女学生(20代)からのいただいたご質問

RGフェイシャル法「こすらない」「油分に頼らない」「十分な保湿」について詳しく教えてください

A.前々回のブログではRGフェイシャル法の由来や誕生したきっかけについてご紹介しました。

今回はRGフェイシャル法について詳しくご紹介します。

世界各国のセレブの方々、日本の有名人の方々に引き続き喜ばれ受けられているRGフェイシャル法ですが、美肌にとって最も過酷な悪条件を乗り越えられるホームケアーの考え方、エステ法です。

しかし、RGフェイシャル法の基本は「こすらない」「油分に頼らない」「十分な保湿」という3つのステップ、まったく普通の基本的な考え方です。では貴女にお聞きします。

 

知り得た美容情報を手当たり次第試していませんか?

「お肌はこすったり刺激を与えてはいけない」ということを知っているのに、なぜピーリングに頼るのでしょうか?

なぜ酵素洗顔をするのでしょうか?

なぜ汚れが気になるお鼻をこするのでしょうか?

なぜニキビをつぶしたり、ひっかいたりするのでしょうか?

 

これらの行為は老化(シミ、シワ、たるみ、ニキビ)を早めて当たり前です。

なぜ油・脂は酸化するとわかっているのに油分の入ったコスメで保湿しようとするのでしょうか?

天ぷら脂だってはじめは黄金色をしていますが、酸化してどんどん茶色に変化するでしょう?

理由は、「美容雑誌で目にするから、ついついやってみたくなった」「いろんな美容情報があるから試してみたくなった」などではないでしょうか?

お客様からも、なかなか満足のいく化粧品に巡り会えないというようなご意見、ご感想が寄せられます。

 

このRG美容法は、皮膚理論の学びに従い素直に考えた結果、たどり着いた美容法です。

それが「角質層を守り、お肌を酸化させず、十分な保湿を」です。

 

こすらない=お肌のバリア機能の大切さ

これに関しては、女性のみなさんなら情報としておわかりのことでしょう。

しかし実際は、それに反した行為をしていませんか?

中学生や高校生だと肌代謝もいいので、脂っぽい肌になりやすく、そしてその脂はお肌の上で酸化しお肌がゴワついてきたり、ニキビ化したり、少ないお小遣いの中から、安くて簡単な美容用品としてスクラブ洗顔、あら塩入り洗顔、酵素洗顔、ピーリングローション、マッサージブラシなどでお肌を「磨く」方法をとりやすいのでしょうね。

見た目的には、ツルツルになるかもしれませんが、それはお肌にとって「傷」です。

 

みなさんが「傷」という認識がもてないのにも理由があります。

カサカサ、ゴワゴワ、キメの荒い皮膚表面、その部分が角質層です。

 

 

想像してみてください。

お肌にはテッシュ1枚分くらいの厚さの中に、数十の層(薄い皮膚)が重なって、外の刺激から体内を守ってくれているバリアがあります。そのバリアの角質層には血液がとおっていないため、傷をつけても血が出ません。

そのため、みなさん傷をつけてお肌を痛めてしまっているという認識に直結しないのかもしれません。

 

たとえば、かけっこをして転んで膝をすりむいたら、血が出てカサブタができて新しい皮膚が生まれてくるまでの間、バリアをつくってくれます。

 

スクラブ洗顔などで、角質層を剥がしたり、溶かした部分は傷をつけてもカサブタができません。

その結果、角質層がどんどん薄くなり、抵抗力を失いお肌が老化するパターン。

もうひとつは、お肌が生まれ変わるまでの約1ヶ月(ターンオーバー)まで待てずに、その傷ついた部分を守ろうと、不完全で未熟な肌を、角質層の上へ押し上げ、「不全角化」角質層が分厚くなるパターンがあります。

不完全で未熟なお肌は、細胞の集まりですから、より分厚く、隙間を埋めようと細胞同士がアメーバーのようにくっつき、引っ張り合います。分厚くなった不完全な角質層は、油分が出にくくなり、ニキビになってきたりと悪循環です。

 

油(脂)は酸化しやすい性質、お肌が欲しがっているのは「水分保湿」

私はお客様にわかりやすくご説明するためによく、有名芸能人の方の名前を具体的に出すことがあります。

TVや雑誌に映る方々は、お肌をキレイにお手入れすることも仕事の1つ。

ですから、普段から高級化粧品をふんだんに使い、お手入れされたことでしょう。

しかし、一般の女性たちは、憧れの高級化粧品を手にすることは今に比べると簡単ではなかったと思います。

でも、私の考えからすると、それが逆にラッキーだったかもしれません。

なぜなら、30〜50年前は現代のように美容化学が発達していなかったため、たっぷりの刺激成分(元の表示指定成分)・オイル成分・いい香りときれいな色付けで高級感をだした夢(化粧品)を売っていました。

それらを使い続けた富裕層の方々には、老後、油やけの肌、酸化原因のシミ、くすみなどができた事例を多く拝見してきました。残念なことです。

 

「え?でもアロマセラピーでも手作り化粧品でオイルをつかって使用していますが・・・」と思う方もいらっしゃると思います。

昔の人の知恵で、美容や治療にも親しまれてきたアロマテラピー。

私がオーストラリアに住んでいた10年の間に病院に行くことがありましたが、病院は消毒の匂いはせず、アロマポットを焚いているところは少なくありませんでした。それにより明るくリラックスした雰囲気になります。

心も体も疲れきっている現代人には最も必要なリラクゼーション法だと私も考えます。

香りを楽しみ、脳から体の隅々に伝達されるリラクゼーション法。

しかし、もし貴女がくすみ、シミ、シワがほしくないとお考えなら、アロマオイルベースの化粧品はNGかもしれません。あくまでアロマの香り付けを楽しむ化粧品のほうがおすすめです。

前々回のブログでもご紹介しましたが、昔からの人間の知恵と現代の化学を融合させて良いとこどりすれば、より良い美容法で美しさの結果につながると私は考えています。

 

十分な保湿ケアーは生活する土地の季節と土地柄による

日本の場合は一般的に冬に湿度が下がり、春には風が吹き乾燥します。

室内の冷房、暖房の中での生活で、お肌がカピカピに乾燥する経験はありませんか?

皮膚が乾けば固くなります。固くなった皮膚のまま表情をつくれば目尻や口の周りに深い溝ができます。それがシワです。小ジワのうちは改善できますが、大ジワになってしまうと改善までかなりの時間がかかります。

 

私のサロンには日本全国、世界各国よりお客様がご来店されます。

お客様にはその国の湿度と水質をお聞きし、ホームケアーコスメのラインナップをご紹介しております。

 

一般的には湿度の高い土地にお住まいの方は、お肌は滑らかで美しい場合が多いです。

私はオーストラリアのQLD州(クイーンズランド)に10年住んでいましたが、とても乾燥した土地でしたから、潤いを保つことには十分に気をくばったお手入れ法を探しつづけていました。

現地に長く住む女性は深いシワがあって当たり前でした。そこで湿度と紫外線の関係を調べたく、数年前にケアンズに長期滞在しました。

ケアンズはゴールドコーストと同じで、紫外線は強いのですが、大きく違っているのは湿度が高いということです。

やはり想像していたとおり、現地にする女性たちは常に陽に当っているのにもかかわらず、激しくお肌が老化している人々はゴールドコーストに比べるとあまり見かけませんでした。

 

美肌づくりのためには「十分な保湿」

日々の生活の中で、紫外線からお肌を守ることは当たり前のように語られていますが、それと同様に、生活湿度の大切さも忘れないでおきましょう。乾燥する日本の冬、春はとくに室内の室温計をこまめにチェックしましょう。

 

飛行機内の湿度は2%以下と言われていますので、フライトされる方は、ファンデーションの上からで構いませんので、しっとり保湿エッセンスの湿布をしてあげてください。もし可能なら保湿エッセンスをたっぷり染み込ませたフェイスマスクができれば最高ですね。

湿度が下がる冬のこの季節、1番力を発揮してくれるのが、日々の十分な保湿お手入れ。「継続は力なり」です。

 

こすらずに、しっとり、ツルツル滑らかなお肌にするお手入れ法

ローションコットンパック

1番おすすめするのは、毎日のローションコットンパックです。

洗顔後にコットンに十分なローションを含ませて、お顔全体に隙間なく貼り付けてください。

フェイス型用マスクでも構いません。

 

コットンをおすすめする理由

コットンは密封性、密着性が優れていてお肌への浸透効果が高まりやすいので、コットンでのローションパックをおすすめします。

 

パックの後はすぐに水分キープ

一般的なローションなら3〜5分(当店オススメのローションなら10〜20分)、パックした後、すぐに潤いエッセンスやクリームで水分キープのバリアをつくってあげてください。

固くなった角質層が柔らかくなり、繰り返す内にキメもこまかくなります。

ニキビが出にくくなったりと良いことずくめです。

お肌をこすったりしてダメージを与えなくても、十分にいままで以上にきれいな美肌へと導かれていきます。

 

ちなみに湿度の高い日本の夏は、保湿ケアーを少し減らしますが、現代は「冷房」という美肌の大敵、乾燥の悪魔がいますからご注意ください。帰宅後はローションコットンパックをしてあげてください。

ローションコットンパックの後はできるだけ安心素材のクリームで(油分ベースのものではない)水分をしっかり封じ込めてあげましょう。

 

当店は長年自社ブランド化粧品の開発に取り組んでまいりましたが、今年そろそろお披露目できそうです。

「酸化しない、十分な水分保湿を可能にした」アンチエイジングコスメティックを実現した憩子’s コスメが誕生します。お楽しみに。

 

RGフェイシャル 初回半額

RGフェイシャル法をご体験されたい方は、初回50%引きでご利用いただけます!

 

RGフェイシャル法のエステ 初回限定価格
 RGフェイシャル45 4,860円
RGフェイシャル60 6,480円

ニキビ、シミ、シワ、お肌の老化などでお悩みの方はぜひお試しください。

 

お電話でのご予約

仙台店:08057468080

北仙台店:08057373496

 

ご予約フォームからのお申し込み

「ご希望エステメニュー」から「RGフェイシャル45」または「RGフェイシャル60」を選択してお申し込みください。

新春キャンペーン大好評実施中

新春お得なキャンペーン「脱!正月太り&正月疲れ」年末年始に乱れがちな美容をエステで解消・改善!

期間:2018年1月4〜31日